カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

機種


iPhone6plusを探す
>>iPhone6Plus

iPhone6を探す
>>iPhone6

iPhone5s/5を探す
>>iPhone5s/5

iPhone5cを探す
>>iPhone5c

iPhone4s/4を探す
>>iPhone4s/4

タイプ


手帳型iPhoneケースを探す >>もはやテッパン!


カバー型iPhoneケースを探す >>スリムをお好みならこれ!


バンパー型・フレーム型iPhoneケースを探す >>Appleマーク重視型


グループ


iPhoneケーススワロフスキー・ラインストーン >>輝きの格上が違います


iPhoneケースひげコレクション >>ひげ大好き募集中★


iPhoneケース・恋人専用 >>愛のキヅナを深めたい方へ


iPhoneケース・レザータイプ >>やっぱりレザーでしょ!


iPhoneケース在庫処分 >>これ、いる?


iPhoneカメラ無料講座 >>お金じゃ買えない、Priceless!!


スマホケースの選び方 >>知らなきゃ損するかも?


検索






送料・お支払

送料・支払

お客様の声

お客様の声 >>「ありがとう」の形です

Apple caseコンセプト

ショップコンセプト >>私たちの" 想い "

商品補償

商品補償 >>万が一のサポート

Feed

不要スマホをお持ちの方へ

自宅に不要スマホが眠っているなら
今すぐ現金化!iPhoneケース代以上
の現金獲得者が続出中です。

※提携店サイトに移動します
※「お申し込みはこちら」を
クリックしてください。
即日回収も可能です。

スマホケース・スマートフォンカバーの種類・タイプ


iPhoneケースを始めとして、スマホケースを選ぶときに迷うのは
「私はどんなスマートフォンケースを購入したら良いのだろう?」ということです。

  • 日常使うものだから、使い勝手の良いものがいい!
  • 絶対に可愛さ重視!!大人かわいいカバーが欲しい!
  • 落として壊すのが怖いから、衝撃に強いケースでないと嫌だ!
  • あまり分厚くなるのは避けたい。薄いほうが嬉しい。
  • 定期とか社員証・学生証が入るカード入れにもしたい!

もちろん好き嫌いの感覚で選んでも問題ないのですが
後々「やっぱり使いにくいな」ということも起こり得ます。

ケースの特徴をちゃんと把握して選ぶことで
そんな失敗を割けることができ
「長く」「便利に」「飽きない」
ケースと出会うことができるはずです。

今回1つ参考にしていただきたいのは、ケースのタイプです。
細かく見れば、たくさんのタイプがありますが、ここでは主流となる
3つのタイプと特徴をご紹介致します。

それは「カバー型」「手帳型」「バンパー型」の3つのタイプです。
それでは、1つずつ見ていきましょう。

カバー型タイプ


カバー型

最もベーシックなタイプです。
構造もシンプルなので、価格も手頃なものが多くあります。
加工しやすく、ビジューやラインストーンをあしらったデコレーションタイプや
凸凹のエンボス加工を施したものなど、デザインも豊富です。
一番種類が多いのは、絵柄がプリントされたものです。
絵柄の種類は実にたくさんあるので、粘れば自分ごのみのイラストが必ず見つかります。

一方で、このタイプは機能面では、イマイチなものが多いです。
あえて言うなら”中途半端”です。
カードを入れられるわけでもないですし、薄さをが際立つわけでもありません。
衝撃にも強いわけでもありません。
落としてしまったときに「角が割れた」という事例もよく聞きます。
ただ、衝撃については、シリコンやラバー素材をであれば
かなり障碍吸収力が上がります。
しかし、シリコンタイプはプリントがしにくくなるため
おしゃれなデザインが多くはありません。比較的シンプルなものが多いです。
また、定期などのカード挿入やバッテリー機能付きのものもありますが
ちょっと無理くり感が強く、使い勝手が悪くなるものも多いです。

そのため、このタイプはあまり機能にこだわらず
デザイン重視で、気軽におしゃれを楽しみたいという方向きかと思います。




手帳型タイプ


手帳型

女性に圧倒的人気を誇るタイプです。女性の方で迷っているなら、こちらをオススメ致します。

手帳という形状のため、カバー型、バンパー型よりも、製造コストがかかり
決して安価というわけではありませんが、安物なら1000円程度で購入が可能です。
ただ、そのクラスの商品は、「どこかで見たことがある」とか「素材が悪い」など
難点がある場合も多いので、注意が必要です。2000円台の商品からがオススメです。

手帳型の一番のポイントは「女性らしさ」です。
スマホ全体を被うケースのため、スマホ本体のデザインに左右されず
”可愛さ”や”おしゃれ”を表現することができます。

また、機能面でも使い勝手が良い物も多いです。
例えば、「カード入れ」になっている手帳型ケースも多く
定期を入れたり、クレジットカードを入れられて便利です。

他にも、「スタンド機能」を伴った手帳型ケースも比較的多いので
動画サイトを見たるときにも役立ちます。

そして、意外と知られていないのが、衝撃にも強い点です。
全方位が何かしらで覆われていますので、どの角度から落としたとしても
壊れにくいので、よくスマホを落とすという方には、とてもオススメです。

ただ、注意していただきたいのが「全機種対応」といって
スマホを手帳型のケースにシールのようなもので貼り付けるタイプを見かけます。
これは落下したときに、場合によってはスマホ本体に直接地面に衝突し
画面のひび割れや大きなキズになることがあります。 あくまでも、「各機種専用」のケースを使用するようにしましょう。

手帳型ケースの難点は「分厚い」ため、ちょっと邪魔かなというところです。
スマホをポケットに入れる習慣がある人にはオススメできません。
しかし、女性のほとんどはスマホをバッグに入れて持ち歩いていますよね。
なので、手帳型ケースが最も人気になるのだと思います。
逆に、男性はポケットに入れている方が多いので、
手帳型ケースはあまり人気がありません。
手帳型ケースはもっともフェミニンなケースと言えると思います。




バンパー型タイプ


バンパー型

最後に、バンパー型ケースです。フレーム型ケースなどとも言います。

このケース特徴は、最小限のデザインと機能です。
「あまりごちゃごちゃしたくない。シンプルに使いたい。」という人にオススメです。

また、前面と背面がないので、スマホ本体のデザインを
楽しみたい人にもオススメです。
さらに、ほとんどの商品が薄さを重視していて、かさばらないのも魅力です。

ただ、デザイン面では制限があります。
種類は少ないものの、デザインで創意工夫がされている商品も根強く探せば見つかります。
おしゃれなデザインのものも、掘り出し物的に見つけてみるのも良いかもしれません。

機能面では「耐衝撃」程度になります。
衝撃吸収能力は、カバー型ケースと大差はありません。
しかし、保護してくれるのは、バンパーのある側面のみです。
正面と背面は何もないので、スキだらけです。
そのため、前面だけでなく、背面にも保護フィルムを貼ることを強くオススメします。




以上、スマホケースの主流の3タイプのご紹介でした。
ケースを選ぶ際に、お役に立つととてもうれしいです。
そして、もしよろしければ、ぜひ当店の商品からお選びください。
ここまでお読み頂きまして、本当にありがとうございました。
引き続き、ショッピングをお楽しみください。




ピックアップ商品